サブリースで安心安定の収入をゲット|働かなくても稼げる

マネー

空き家の有効的な活用法

マネー

リロケーションはいろいろな事情で家を空けてしまう場合に、他の人に貸し出すサービスを言います。今ではこれを専門に行う業者が登場し、貸し主の負担を抑えてくれるためとても安心した依頼ができます。空き家をそのままにしておくのはもったいないと考えている場合は、リロケーションを検討する価値があります。

もっと詳しく

家賃保証の仕組み

男の人

家賃保証が成立する理由

借り手のいない賃貸物件からは通常は家賃が発生しません。ところが空き物件からも家賃を得られる仕組みがあります。それが家賃保証あるいはサブリースと呼ばれる仕組みです。オーナーにとって一見良いことのように見えますがそれには理由があります。サブリースの契約は物件のオーナーと不動産管理会社で結びます。オーナーは手数料を支払う代わりに空室からの家賃も得ることができ、管理を任せることができます。管理会社は普通に委託管理するよりも手数料を多く取ることができます。双方に利点があるのでサブリース契約が成り立ちます。契約内容は物件の状態や相手会社によって異なります。オーナーに有利な契約を結べるよう頑張りましょう。次項では事前に知っておくべきことやチェックしておくことについて述べます。

事前に調べておくことは

最初にチェックすべきところはサブリースの手数料です。手数料の金額は物件の築年数や利便性、相手会社の規模によって変わります。物件の状況が悪い場合は手数料も多く取られますが、あまりにオーナーに分が悪い金額を提示された場合は他の管理会社に変更することも視野に入れましょう。相場がわからない場合は事前に調べておきましょう。続いて確認しておくべきことは維持管理費はどちらが負担するかについてです。管理会社が負担する場合はオーナーが支払う必要はありませんが、会社側も経費節減のために手を掛けない場合があり、物件の劣化につながる可能性があります。会社だけに任せるのではなく、定期的に自分で現場を確認しましょう。オーナーが負担する場合は費用がかかり大変ですが、建築会社等につてがある場合はそちらに依頼する方が良い場合があります。契約前に決めておきましょう。

正しく管理する

メンズ

時間や体力の無いマンションの大家にとって、代わりにマンションの維持・管理を行ってくれる不動産管理会社は、必要不可欠な存在です。また、そのような大家に選ばれているのは、マンションの管理に精通しているマンション管理に強い会社なのです。

もっと詳しく

アパートの新しい活用法

スーツの人

airbnbは、宿発施設を必要としている人と施設を提供する人をマッチングさせるウェブサービスです。個人がアパートやマンションを提供することも可能なので、新しい不動産活用法としても注目されています。受付や清掃などを代行する専門業者も登場しています。

もっと詳しく